そうくん基金 

2014, 11. 18 (Tue) 00:07

アイドッグの保護犬、ポメラニアン♂そうくんは、
フィラリア陽性で、心臓や肺も侵され、特に咳が深刻でした。
その為1年半以上、ステロイドを飲み続けてやっと抑えてきました。

しかしステロイドの過剰摂取による、医原性クッシングを
疑うような症状が出てきて、協力病院からは、あと1年の命だろうと
まで言われました。

諦めきれずに、フィラリア陽性の子の診断経験豊富な
地方の専門医の所まで足をのばし相談をしたところ、
一縷の望みを見出だしました。

それは、これまでの咳を抑えるステロイド治療を想いきって見直し、
フィラリアの死骸がべったりついてしまった肺は死んでいるけど、
肺は再生する機能があるので、生きている肺を十分に活かしてあげつつ
死んだ肺が再生するのを待つという治療を試みるという決断でした。

そうくんにどれだけの効果があるかやってみないとわかりませんが、
もしかしたら、1年と言われた命が、延命できる可能性があります。

治療は今までより高額で長期戦になります。

そうくんが苦しくないよう生活でき、安心して生きられるよう、
アイドッグでは出来る限りの応援をしたいと思います。

治療の為の「そうくん基金」をお願いします。
少しでもかまいませんので、ご協力をお待ちしています。

「チャリティーショップ」はこちらです。
http://aidog-rescue.shop-pro.jp/

「アイドッグ活動日記」
みきママさんのブログで
そうくんの事をお知らせしています。
こちらもぜひご覧くださいね。

そして、わが家滞在中のメリーは
日に日に甘ったれになってきました。
椅子に座ると抱っこしてとすぐ寄ってきます。
141117-1


今日もポチッとお願いします。

    

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

0 Comments

Leave a comment

カウンター

最新コメント